44

1: 湛然 ★ 2018/01/25(木) 05:03:37.82 ID:CAP_USER9
2018/01/25 00:48

レッド・ツェッペリンのライヴ盤『How the West Was Won』 ジミー・ペイジによる最新リマスタリング音源が発売決定

レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)が2003年にリリースしたライヴ・アルバム『How the West Was Won(邦題:伝説のライヴ)』。ジミー・ペイジ(Jimmy Page)による最新リマスタリング音源が発売決定。3月23日に全世界同時発売されます

以下インフォメーションより

1968年9月7日、ジョン・ボーナム、ジョン・ポール・ジョーンズ、ジミー・ペイジ、そしてロバート・プラントの4人は、デンマークにあるグラッドサクセで初めてステージに立った。当時は“ニュー・ヤードバーズ(The New Yardbirds)”と呼ばれていたこのバンドは、同月後半から初めて一緒にスタジオに入り、レッド・ツェッペリンとしてのデビュー・アルバムのレコーディングをスタートさせるのだ。このデビュー・アルバム以降、ロックン・ロールは一気に変化を遂げていくことになる…。正式に結成50周年という記念すべき年を迎えることとなる2018年の9月に先駆け、この偉大なるロック・レジェンド、レッド・ツェッペリンが2003年に発表した素晴らしいライヴ・アルバム『伝説のライヴ─HOW THE WEST WAS WON』のニュー・エディション盤を発表することが決定した。このニュー・エディション盤は、今までのカタログ作品のリイシュー同様、ジミー・ペイジによる最新リマスタリング音源を使用したものとなっている。レッド・ツェッペリン結成50周年を記念するリリースやイベントに関する詳細は、今後随時明らかになっていく予定だ。

『伝説のライヴ─HOW THE WEST WAS WON』ニュー・エディションは、3月23日に全世界同時発売となる。複数のフォーマットで発売される今作だが、その中にはアナログ盤や、ハイレゾ5.1サラウンドを収録したBlu-rayオーディオ盤という、今回が初リリースとなるフォーマットも含まれている。

◆CD - 最新リマスター音源を収録した3枚組CD
◆アナログ盤 - 最新リマスター音源を収録した4枚組重量盤180グラム・アナログ
◆Blu-Rayオーディオ - 96kHz/24ビット 5.1(DTS-HDマスター・オーディオ・サラウンド)と、ステレオ・ミックス(PCMステレオとDTS-HDマスター・オーディオ・ステレオ)を収録。
◆ストリーミング&デジタル・ダウンロード ? 最新リマスター音源を使用
◆スーパー・デラックス・ボックス・セット
─ 最新リマスター音源を収録した3枚組CDと4枚組重量盤180グラム・アナログ
─ アルバム収録曲のDolby Digital 5.1サラウンドとPCMステレオ音源に加え、フォト・ギャラリーを収録したDVD
─ アルバム収録曲の96kHz/24ビット ハイレゾ音源のダウンロード・カード
─ コンサート会場で撮影された未発表写真やレアな写真に加え、メモラビアなどを多数掲載した本
─ オリジナル・アルバム・ジャケットのハイ・クオリティ・プリント 
(初回30,000セットにはナンバリング付)

>>2以降につづく)


http://amass.jp/100232/

引用元: ・【音楽】レッド・ツェッペリンのライヴ盤『How the West Was Won』 ジミー・ペイジによる最新リマスタリング音源が発売決定

2: 湛然 ★ 2018/01/25(木) 05:03:47.87 ID:CAP_USER9
>>1つづき)

なお、国内盤としては、スーパー・デラックス・ボックス・セット(輸入盤国内仕様)、3CD、4枚組アナログ(輸入盤国内仕様)の3形態でのリリースを予定しています。

『伝説のライヴ─HOW THE WEST WAS WON』は、1972年6月25日と27日に行われた、LAフォーラムとロング・ビーチ・アリーナでの伝説的コンサートでの最高のパフォーマンスばかりを収録した作品だ。2003年の発表当時には全世界のロック・ファンを歓喜させ、全米No. 1を記録する大ヒットとなった。2つの会場のライヴの模様が見事に混ざり合い、コンサートのオープニングからエンディングまでを再現するこのライヴ・アルバムは、比類なき力強さを持つバンドのその高みにある姿を捉えた作品となっている。特筆すべきは、25分以上にも及ぶ「幻惑されて(原題: Dazed And Confused)」や、「胸いっぱいの愛を(原題: Whole Lotta Love)」を中心とした21分のメドレー曲。また、このコンサートの9か月後に発表されることとなったアルバム『聖なる館(原題: HOUSES OF T
HE HOLY』からの楽曲も披露している。72年といえば、アルバム『IV』(71年作品)でセールス/作品評価ともに未曾有の大成功を収めた翌年でもあり、2度目の来日公演も実現させた年。レッド・ツェッペリンというバンドの気力/体力/テクニック、全てにおいて最も充実していた時期のバンドの姿を捉えた、名ライヴ・アルバムなのだ。

=============================================

●レッド・ツェッペリン『伝説のライヴ─HOW THE WEST WAS WON』
2018年3月23日 世界同時発売

※スーパー・デラックス・ボックス・セット、4枚組アナログ盤は輸入盤国内仕様
※Blu-Rayオーディオ盤は輸入盤のみの取扱いとなります。
※アナログ盤、Blue-Rayオーディオ盤が今回が初リリースとなる形態です。
【収録曲】

CD1
01. LA DRONE / LAドローン *
02. IMMIGRANT SONG / 移民の歌 *
03. HEARTBREAKER / ハートブレイカー *
04. BLACK DOG / ブラック・ドッグ **
05. OVER THE HILLS AND FAR AWAY / 丘のむこうに **
06. SINCE I’VE BEEN LOVING YOU / 貴方を愛しつづけて *
07. STAIRWAY TO HEAVEN / 天国への階段 *
08. GOING TO CALIFORNIA / カリフォルニア *
09. THAT’S THE WAY / ザッツ・ザ・ウェイ **
10. BRON-YR-AUR STOMP / スノウドニアの小屋 *

CD2
01. DAZED AND CONFUSED / 幻惑されて **
02. WHAT IS AND WHAT SHOULD NEVER BE / 強き二人の愛 *
03. DANCING DAYS / ダンシング・デイズ *
04. MOBY DICK / モビー・ディック **

CD3
01. WHOLE LOTTA LOVE / 胸いっぱいの愛を **
02. ROCK AND ROLL / ロックン・ロール *
03. THE OCEAN / オーシャン **
04. BRING IT ON HOME / ブリング・イット・オン・ホーム **

* Long Beach Arena公演の音源 / ** L.A. Forum公演の音源

(おわり)

5: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 05:07:51.96 ID:YqRKdkmS0
新曲書けないんだろうな
ギターも指動かなくて弾けなくなったらしいしやれる事はリマスタリングくらいか
大滝病だな

6: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 05:10:05.47 ID:iYL4aU1f0
>>5
書けないも何も書く必要がないだろ

10: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 05:16:03.51 ID:YqRKdkmS0
>>6
リマスタリングも必要なくない?
古い音源ならともかく21世紀に出たアルバムをまたリマスタリングするってよっぽど音が気に入らなかったのか?

15: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 05:25:13.79 ID:u3dgHhvD0
>>10
2003年のリマスター技術と今のじゃ天と地の差があるからな
でも、それは最高の音響装置があって分かる

自分は、PCで聴いているから、前のDVD-Audioで十分だわ

8: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 05:12:48.78 ID:FFpQykft0
新曲とかアホか
70越えのじいちゃんだぜ

9: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 05:14:15.57 ID:vAfyYGSv0
もうええやろ
十分音良かったやないか

11: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 05:18:25.58 ID:hl1zVxwl0
ロックミュージシャンなんて、みんな爆音で難聴気味だろ。
ジミー・ペイジの耳でマスタリングしてて大丈夫なのか?

13: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 05:19:39.07 ID:raX9HdpRO
ジミーペイジは自分の音源集めまくって管理してる

14: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 05:23:28.67 ID:uYXbaHIH0
BBCのヤツが至高
ロバートプラントのハイトーン絶好調

17: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 05:34:53.41 ID:+j0dWDed0
刷り込みが熱狂のライブだったのでそれ以上が無い

19: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 05:58:57.98 ID:DTu00DkH0
リマスターとかええから未発表音源出せや偽ノッポ

20: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 06:01:59.39 ID:HEtpjM+t0
ツェッペリンとエアロスミスは誰に聴かせてもいいって言うな
ストーンズあたりは好みが別れる

21: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 06:06:51.18 ID:YrFDu52s0
客音オーバーダブライブを復活させた
諸悪の根源だと聞いてる。

22: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 06:34:52.59 ID:Gt07wPPT0
プラントは頑張ってアルバム作ってるのに、ペイジは過去の音源ばっかかよ

24: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 07:02:52.39 ID:9/FcVdEN0
ドクター中松の本業は過去の音源のリマスター

27: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 07:30:22.23 ID:16YMx7L70
ジミーペイジーによるてエンジニアがやったんだろうw

29: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 07:43:56.73 ID:GzVOckti0
たったの15年でリマスターって早すぎだろ。
意味あるのかね。
自己満だろ。リマスター商法だな。

30: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 08:04:55.47 ID:oxPFJKLG0
元々ライブ盤としては高音質の部類だったと思うんだけど、リマスターの必要あんのかな
まぁ、出れば買っちゃうわけだが

31: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 08:06:45.17 ID:MHlrV+DJ0
前の版はドラムの音が気に食わなかったので、今回修正されるのなら買うわ

33: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 08:12:54.80 ID:GDk33ZAm0
ジミー・ペイジって何が凄いか未だによく分からないってCharが言ってたな

37: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 08:20:06.44 ID:l32vIqF+0
>>33
ペイジはギタリストというよりアーティストとしての凄みだからな
技術的にイングヴェイとかヴァイみたいには弾けないけど、音楽的な引き出しの数はそいつらより遥かに上

38: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 08:23:11.11 ID:GDk33ZAm0
>>37
ヴァイみたいに弾く必要はないわな
テクニック合戦みたいなの1番つまらない

53: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 09:35:53.39 ID:C/eMSp8d0
>>33
よっちゃんとの対談で褒めてたやんw

34: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 08:14:06.50 ID:fBAJ8G890
今年も西新宿でブートを漁ります

39: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 08:29:37.16 ID:uQjjGLM10
>>34
ペイジってそういうとこ人間味あって面白い

35: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 08:14:54.97 ID:14ajTOFL0
これ40年以上前のライブだよね
もうとっくにマスターの音質を超えてる気がするけど、まだリマスターするの?
ライブの生々しさとか、70年代の空気感とかどんどん失われそう

40: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 08:30:39.02 ID:UQC7cMrz0
木村:だからあの、誰っていうんじゃなくて、けっこう最近のも「あ、いいなぁ」っていうのも聴くし。 で、どっちかっていうと昔のものの方が多いんじゃないですかね。
小室:あ、本当。へぇー。ロックの昔っていったらレッド・ツェッペリンとか?
木村:ああ、好きですね。
小室:ストーンズとかっていうんじゃないんだね。も聴く?
木村:うん。
小室:へぇー、そうか。けっこうでも、べつにそれ、今だからそうだけど、昔だったら普通のポップスですからね。 ああいうのがヒットチャートに。ツェッペリンとかでも1位や2位になってたからね、普通に。
   
木村:持ってますよ、CD、全部。
小室:あ、全部持ってる。じゃあ、しっかりそういうのも聴くんですね。ガンズアンドローゼスとかは?
木村:ああ、持ってますよ、はい。

木村:TKって大変ですね。
小室:TK…。

小室:ちょっとあの、木村拓哉派として、同じTKでいいと思ってくれるといいんですけどね。「なんだ、小室もTKか」とか言われちゃうと困るんですけどね。
木村:いやいや。
小室:でも、「木村拓哉ってTKだね」って言う人いないよね、あんまり、きっと。
木村:言いませんね。みんなキムタクっていいますから。
小室:僕、コムテツとは言われないですからね。
木村:…コ、コムテツ? ああ、そうですよね。…コムテツ?
小室:とは言われたことない。
木村:コムテツ…コムテツ…、ちょっと言いにくいですね。
小室:あんまりカッコよくないね。
木村:でも、キムタクもカッコよくないですよ。なんか脱臭剤の名前みたいじゃないですか、なんかね。
小室:あんまりカッコよくないよね、それはね。
木村:そうなんですよ。
小室:木村拓哉がカッコ悪いっていってるんじゃないですよ。キムタクっていう呼び方はね、カッコよくないですよね。
木村:あの、文字になるとね、悔しいんですよ。今日だから、楽屋入った時に、台本に「ゲスト:キムタク」って書いてあったんですよ。その時に「いやぁ、どうしようかな?」って思ったんですけど。活字になると悔しいですよ。
小室:日本語は本当、四文字にしたがるからね。日本人の業界の人たちはね。
木村:そうですか?
小室:全部、四つになんないとダメじゃないですか。「ミスチル」とかね。「ドリカム」とかね。
木村:ああ、「ドリカム」。
小室:たくさんありますよ。
木村:え? 二つだけじゃないですか。
小室:そうですね。もうちょっと捜すと、あると思いますけどね、きっと。
木村:「米米」とか。
小室:それは元々だからね。

51: 名無しさん@恐縮です 2018/01/25(木) 09:26:15.03 ID:4wZGsfpu0
CD1
01. LA DRONE / LAドローン

この演奏が良いんだよな。