ふかや〜ちゃんねる・芸スポ速報!

『ふかや〜ちゃんねる』では、管理人が面白いと思った記事をまとめております。 ふっかちゃん・深谷ネギでお馴染みの深谷市からお届けいたします。 【サイト名】 ふかや〜ちゃんねる 【 URL 】 http://blog.livedoor.jp/pierothjp/ 【 RSS 】 http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fpierothjp%2Findex.rdf

    ヤングタウン土曜日

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/04/25(日) 01:11:41.47 ID:CAP_USER9
    4/24(土) 23:29
    東スポWeb

    明石家さんま

     明石家さんま(65)が24日深夜放送の毎日放送ラジオ「ヤングタウン土曜日」に出演。松本人志(57)の願望に“アンサー”を出した。

     松本は16日放送のフジ系「人志松本の酒のツマミになる話」で、「かれこれ40年(芸人を)やってるんですけど、もう俺は『師匠』って言われない?」「さんまさんも、師匠って呼ばれるけど、明確にはお弟子さんいないよね」「呼ばれたいわけじゃないけど…。芸歴40年近くになって『松っちゃん、松っちゃん』で」と悩みを語っていた。

     この発言をリスナーからのメールで知ったさんまは「こいつは『師匠』と言うとるとか、こいつは『さんまさん』と言うとるとか、気にはしないなあ」と淡々。「いろんな呼ばれ方があったんで。『若』って呼ばれたり、ビートたけしさんは『明石家』って呼ばはりますし。所さんは『さんちゃ~ん』ですし、タモリさんは『さんまはさあ…』って言う。普段一番多いのは『兄さん』か。スタッフは『師匠』が多い」と言及した。

     芸人からどう呼ばれるかにはこだわりがなさそう。一方で萩本欽一から「さんまちゃんはいいよね。ずっと『さんまちゃん』だから。俺は『欽ちゃん』から『萩本さん』に代わった日があるんだよ」と指摘された思い出を紹介。

     その上で「『いつまでもさんまちゃんと呼ばれるよう頑張りなさい』って言われたのは覚えてます。芸人たるもの『さんまちゃん』とか『さんちゃん』って呼んでくださるのは、愛嬌があっていいじゃですか」と語り、ファンからは“ちゃん付け”が一番とした。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/09d248a6f6f14aaf781e72551c49ae3ee925dca2

    引用元: ・【ラジオ】明石家さんま 松本人志“師匠と呼ばれない”発言にアンサー「芸人たるもの…」 [爆笑ゴリラ★]

    【【ラジオ】明石家さんま 松本人志“師匠と呼ばれない”発言にアンサー「芸人たるもの…」 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/02/07(日) 10:23:14.70 ID:CAP_USER9 BE:581595472-2BP(0)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    2/7(日) 10:10
    スポニチアネックス

    さんま クラブハウス「やろうか悩む」 流行に危機感も「ラジオは要注意。すごいライバルに」
    明石家さんま
     お笑いタレントの明石家さんま(65)が6日、自身がパーソナリティを務めるMBS「ヤングタウン土曜日」(土曜後10・00)に出演。流行中の音声SNSアプリ「Clubhouse(クラブハウス)」について言及した。

     クラブハウスは音声だけでコミュニケーションを取ることから「音声版ツイッター」との呼び声も。芸能人らも続々と参加を表明している。

     「ラジオは要注意やな、あれ。ほぼラジオやねんな。あれが流行ってスポンサーがつき始めたら、ラジオのすごいライバルになる」と危機感を募らせ、「ラジオは戦っていかないといけない状況に。せっかくラジオ頑張ってきたのにな。これは死活問題なんですよ」と続けた。

     一方で「俺もクラブハウスやろうかどうか悩んでるんですよ。しゃべり続けたらええねんもん。好きな人が聴いてくれたらええねんから。そこでヤングタウンっていうグループ作ったらええもんな」とクラブハウス参加に意欲を示すシーンも。「ラジオも頑張ったらええねんけどな、負けんように。テレビの敵はユーチューブ、ラジオの敵はクラブハウスになってしもうた」とコメントしていた。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4e0a0dcd509e6f2588c50a7ae3cb9e7eb584ba51

    引用元: ・【さんま】クラブハウス「やろうか悩む」 流行に危機感も「テレビの敵はユーチューブ、ラジオの敵はクラブハウスになってしもうた」 [爆笑ゴリラ★]

    【【さんま】クラブハウス「やろうか悩む」 流行に危機感も「テレビの敵はユーチューブ、ラジオの敵はクラブハウスになってしもうた」 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ひぃぃ ★ 2020/06/14(日) 22:33:44.47 ID:ducLWkWZ9
    タレントの明石家さんま(64歳)が、6月13日に放送されたラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)に出演。14日放送予定のバラエティ番組「行列のできる法律相談所SP」(日本テレビ系)でアンジャッシュ・渡部建(47歳)との絡みがあると語り、「それ編集で落とされるのが嫌やねん」とボヤいた。

    番組冒頭でさんまは「なぜ僕の周りから次から次へと……こんなことが起こってしまうのか」と嘆き、「オレたちひょうきん族」の時代はスキャンダルがあっても、出演者が笑いに変え、「世間の皆様もそれで笑ってくださっていたんですね」と話し、現在と笑いのズレが出てきていると語る。

    そして、さんまは14日に「行列のできる法律相談所 3時間SP」に出演していると話し、「飛車角、失ったんや。渡部と宮迫(博之)。あと歩だけや。そしたら東野(幸治)がえらい怒ってたわ、オレたち、歩かって」と、将棋にたとえてコメント。

    さらに、さんまは3時間の特番で編集の大変さについて思いを寄せながらも、「渡部とも面白いコンビネーションあったんや。俺それ(編集で)落とされんのが嫌やねん。ものすごい面白いこと言ってる。面白絡み分、お金返してほしいわ」とボヤき、「芸能界について我々世代もアップデートしないといけない時代が来たな」と語った。

    2020年6月13日 23時15分 ナリナリドットコム
    https://news.livedoor.com/article/detail/18413034/

    画像
    no title

    引用元: ・【ラジオ】さんま「(行列は)飛車角、失ったんや。渡部と宮迫」 [ひぃぃ★]

    【【ラジオ】さんま「(行列は)飛車角、失ったんや。渡部と宮迫」 [ひぃぃ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ひかり ★ 2020/06/13(土) 23:24:52.81 ID:mvloHUe79
     お笑いタレント・明石家さんま(64)が13日に放送されたMBSラジオ「ヤングタウン土曜日」(土曜・後10時、関西ローカル)で、不倫問題で芸能活動を自粛しているアンジャッシュ・渡部建(47)問題について言及した。

     渡部の多目的トイレでの性交について「渡部は渡部で言い訳があって『誰も絶対来ない』という思惑で選んだと思う。ホテルに行けない、ここも使えない…。有名人は密会場所に困るんです、実は。俺らもよぎったことが…。
    ケチってあの場所を選んだわけではないはず。その立場にならないと分からへん」と実体験も交えて語った。

     さんま自身もスキャンダルが多く「ウソの記事もいっぱいある。ウソでも“告白”慣れしているけど、(不倫相手の)3人に一挙に言われると、どういうことなんだろう、と。それも素人さん。昔と違って、今は週刊誌に
    載りたいという時代。この恐ろしさ。我々世代は考えて、アップデートする時代にとうとう来てしまった」と、あ然。先々、渡部が復帰して共演する際には「うまく言ってやろうという、さんまの技術を見せないと」と
    課題を口にした。

     番組冒頭から、さんまは「次から次へと周りでこんなことが起きて…。オレのせい?」と、雨上がり決死隊・宮迫博之(50)の闇騒動問題から続く日本テレビ系「行列のできる法律相談所」の常連メンバーの
    不祥事について、ため息。宮迫&渡部のことを「飛車角を失った」とも表現した。

     同番組の14日の特番放送も、渡部の出演シーンが大幅にカットされる編集を施されることに頭を巡らせ「渡部との絡みのところははすごく面白い。面白さの分、お金返してほしいな」と愚痴もこぼした。

    報知新聞社

    https://news.yahoo.co.jp/articles/bc8547b27a6400f86c573ca91cf4a1f3ff2f7725

    引用元: ・【芸能】さんまが渡部建のトイレ不倫に「有名人は密会場所に困るんです」 [ひかり★]

    【【芸能】さんまが渡部建のトイレ不倫に「有名人は密会場所に困るんです」 [ひかり★]】の続きを読む

    このページのトップヘ