1: 久太郎 ★ 2021/03/28(日) 10:09:02.07 ID:CAP_USER9
ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが疑惑の判定に激高した。

ポルトガルは27日、カタール・ワールドカップ欧州予選第2節でセルビアと対戦。ディオゴ・ジョタのゴールで2点を先制するが、後半に2ゴールを許して追いつかれてしまう。

試合終了間際、浮き球のパスに抜け出したロナウドがGKとの鼻先で合わせる。ボールは無人のゴールへと向かったが、相手DFにスライディングでクリアされる。しかし、リプレイで見ると、ボールは明らかにゴールラインを越えており、真横から見えていたロナウドも副審に猛抗議。それでもゴールは認められず、主審は執拗に副審に迫っていたロナウドにイエローカードを提示した。

試合はアディショナルタイム3分台に入っていたが、ロナウドはホイッスルが鳴る前にピッチを後に。アームバンドを投げ捨て、怒りをあらわにした。

なお、近年のメジャー大会ではゴールラインテクノロジーが採用されていたため、今回のような事例は起きてこなかったが、ワールドカップ予選では導入されていない。そのため、ロナウドのゴールは認められず、ポルトガルも開幕連勝を逃す結果となった。

https://news.yahoo.co.jp/articles/8af44975db656f07fc54ca866fa52a76f04ced9f


【動画】怒り心頭のロナウド
https://twitter.com/beINSPORTS_EN/status/1375926016238088201
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)
no title

引用元: ・【サッカー】C・ロナウド、明らかな得点認められずブチ切れ…試合終了待たずにピッチを後に [久太郎★]

【【サッカー】C・ロナウド、明らかな得点認められずブチ切れ…試合終了待たずにピッチを後に [久太郎★]】の続きを読む