ふかや〜ちゃんねる・芸スポ速報!

『ふかや〜ちゃんねる』では、管理人が面白いと思った記事をまとめております。 ふっかちゃん・深谷ネギでお馴染みの深谷市からお届けいたします。 【サイト名】 ふかや〜ちゃんねる 【 URL 】 http://blog.livedoor.jp/pierothjp/ 【 RSS 】 http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fpierothjp%2Findex.rdf

    中井りか

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ジョーカーマン ★ 2021/01/28(木) 15:42:12.48 ID:CAP_USER9
    2015年にNGT48の1期生として活動をスタートした中井りか。「毒舌キャラ」で“炎上女王”としてバラエティ番組などでも大活躍。
    1月30日発売の雑誌『月刊エンタメ』では約1年ぶりのグラビアに挑戦している。
    今回、そのアザーカットを先行公開すると共に、最近心が穏やかになったという“心境の変化”について話を聞いた。(前後編の前編)

    美しさと大人っぽさを増した中井りか、グラビアアザーカット


    ――1年前の自分と今の自分を比べて、いかがですか?

    中井 大人になったな~、って。特に心が以前より寛大になったかなと思います。だから最近炎上もあんまりしていないんですよね。昔は周り全員にケンカを売っていくスタイルだったんですけど(笑)、今は穏やかに日々を過ごしています。

    ――確かにSNSの投稿を見ていても雰囲気が変わりましたよね。昔は「炎上上等!」って感じだったのに。

    中井 アハハ、確かに! でも今は菩薩のような心になったと言うか。最近「顔が優しくなった」ってよく言われるんですよ。だから内面の変化って表にもにじみ出るんだなって思いました。

    ツイッターの投稿を全消ししたら…
    ――ちなみにそれは誰に言われました?

    中井 メンバーにも、スタッフさんにも、ファンの方にも、四方八方から。トゲがなくなり過ぎて逆に「大丈夫……?」って心配されたりもしますけど(笑)、自分の中では良い傾向かなって思っています。成長できたのかな、と。

    ――その変化は、やはりコロナ禍やステイホーム期間(20年4~5月)が影響していたりするのでしょうか。

    中井 はい、まさにそのタイミングです。その期間にメンバーとたくさん通話やテレビ電話をしたし、改めて自分を見つめ直すきっかけにもなって更生に至りました(笑)。反抗期が終わったのかも。

    ――メンバーとコミュニケーションを取って愛を知った、みたいな感じ?

    中井 そうです! 前よりもメンバーのことが好きになったし、その後徐々にNGT48での活動が増えていくことで「NGT48の一員である私」を意識するようにもなって。あと、「人は鏡」ということを実感しましたね。私がツンケンしていた頃は周囲もツンケンしているように感じていたのが、自分が穏やかなマインドになってからはメンバーがすごく私に優しく接してくれるようになったんですよ。だから「私、もっと優しくなろう!」と。

    ――炎上路線を突っ走っていた以前の中井さんとは別人だ……!

    中井 ふふふ。悟りを開いたときにツイッターの投稿を全消ししたんですけど、過去の自分の投稿を見たら最悪なことばかり書いていて、本当に申し訳ないなって思いました……。「バラエティで目立つために炎上しなきゃ!」みたいな意識も当時はあったんですよね。でも今は楽しくアイドルができたらいいかな、と。

    ――NGT48は20年夏にシングル『シャーベットピンク』をリリースし、10月からは有観客での劇場公演も再開。その中で楽しくアイドル活動ができている、と?(※この取材は20年12月に行ないました)

    中井 はい。やっぱりアイドルになりたくてアイドルになったので、アイドルっぽいことがやりたいんですよ。今それがやっとできていると感じていて、すごく楽しいです! オンラインにはなりましたけどファンの方とお話し会で交流できるのもありがたいですし、NGT48としてシングルが出せたのが一番良かったですね。なので「またシングル出したいな!」とスタッフさんにプッシュしています(笑)。心にも余裕が出てきて基本的にはストレスフリーだし、今は毎日がハッピーデイズです♪

    全文
    http://news.yahoo.co.jp/articles/6125cd45a71df77bc154d59fa942c8be2614f005

    美しさと大人っぽさを増した中井りかのグラビアアザーカット
    no title

    no title

    no title


    NGT48 中井りか
    no title

    no title

    no title

    no title

    引用元: ・【NGT48】美しさと大人っぽさを増した 中井りか(23)、「炎上キャラ」終了宣言!「今は菩薩のような心になりました」 [ジョーカーマン★]

    【【NGT48】美しさと大人っぽさを増した 中井りか(23)、「炎上キャラ」終了宣言!「今は菩薩のような心になりました」 [ジョーカーマン★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スクリーンショット 2018-06-19 18.21.53
    Yahooニュースより


    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2018/06/19(火) 08:08:31.70 ID:CAP_USER9
    中井のスピーチを振り返り、月曜MCのメイプル超合金・カズレーザー(33)が
    「『アイドルだっていろいろあるんだよ!』って、どういう意味なんですか?」と聞くと、中井は「そのまんまですよ!」と開き直り。

    総選挙は2万6701票を集めたが、カズレーザーは「結構な数でしょ。こういうのって、どうするの?返金するの?
    それ、ずっと気になっていたの。返金しなかったら、言葉で何言ったってウソじゃん」とバッサリ。

    中井は黙り込むしかなかった。
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/06/19/kiji/20180618s00041000388000c.html

    【【アイドル】 半同棲のNGT中井りかにカズレーザー辛らつ 「(ファンに) 返金しなかったら、言葉で何言ったってウソ」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★ 2018/05/31(木) 07:40:52.48 ID:CAP_USER9
    NGT48の中井りか(20)が25日放送のAbemaTV「必殺!バカリズム地獄」(金曜後9・00)に出演。「第10回AKB48世界選抜総選挙」が近づく中、ナーバスになる中井の口から衝撃の発言が飛び出した。

     端正な顔立ちと個性的な毒舌キャラでNGTメンバーの中でも上位の人気を誇る中井だが、昨年の総選挙の成績は23位。一昨年の96位からのジャンプアップとはいえ、他のメンバーよりもチャンスをもらっている自覚があるだけに、この成績には納得がいっていない様子。

     中井のプレッシャーは相当なようで、総選挙絡みのコメントが出るたびに不安な表情を見せる様子に、バカリズムも自身の「IPPONグランプリ」での苦労を引き合いにだし、その過酷さを代弁していた。

     番組中、「お金で下着を買う大人」をテーマに話し合っていたところ、犬山紙子さん(36)が若い共演者に向け「気を付けるように」との忠告。加藤ナナ(20)が「(下着は)あげないよ」とサラリと返答したのに対し、中井からは「(どうせ)もらってくれない」。さらに「(そんな変態でも)愛してくれるだけいーじゃん」と投げやりなコメントまで飛び出した。

     バカリズムはその場を収めようと「彼女に人気を!」と叫ぶと、中井は消え入るような声で「人気をください…」と頭を下げた。さらにバカリズムは「(総選挙が気になりすぎて)仕事にならないでしょ?」と聞くと、中井は思わず「そーなんですよ」と本音をもらした。

     さらに「どうして、このキャラでやってきちゃったんだろ」と自己嫌悪に陥る中井。バカリズムが「やっぱ、そのキャラは難しい?」と問いかけると、「ニコニコしてるだけで人気が出る子いるんですよ、やっぱり」と他のメンバーへの恨み節まで飛び出した。

     バカリズムも気を遣って「今のキャラクターの中井さんが好きで、ファンが支えているわけだから。もっとそう行けばいいんじゃないですか?」と提案しても、「そういうこっちゃないんです」と一蹴。出演者たちのため息がもれる中、言い放ったのが「(人気が得られるなら)パンツでもなんでもあげますよ!」という衝撃のひと言だった。

     予想の斜め上を行く発言に「ダメ、ダメ、ダメ~」と共演者たちは大わらわ。加藤から「自分を大事に」とたしなめられるも、中井は渇いた笑いを繰り返すばかりだった。

    スポニチ 5/30(水) 17:44配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000138-spnannex-ent

    写真
    no title

    【【芸能】<NGT中井りか衝撃発言!>総選挙に勝てるなら「パンツでもなんでもあげますよ!」 】の続きを読む

    このページのトップヘ