ふかや〜ちゃんねる・芸スポ速報!

『ふかや〜ちゃんねる』では、管理人が面白いと思った記事をまとめております。 ふっかちゃん・深谷ネギでお馴染みの深谷市からお届けいたします。 【サイト名】 ふかや〜ちゃんねる 【 URL 】 http://blog.livedoor.jp/pierothjp/ 【 RSS 】 http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fpierothjp%2Findex.rdf

    広瀬香美

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2020/07/04(土) 06:11:06.32 ID:hSllIZdY9
    2020年07月04日 05:33芸能
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/07/04/kiji/20200704s00041000154000c.html
    no title


     歌手の広瀬香美(54)が3日放送のフジテレビ「ダウンタウンなう」(金曜後9・55)に出演し、歌手となった意外なキッカケを明かした。

     1992年にアルバム「Bingo!」でデビューし、1993年に「ロマンスの神様」が大ヒット。今でも高い歌唱力で評価されているが、歌手となったのは「小遣い稼ぎ」のためだったという。

     名門音大に進学しながらも、独特の感性から学校で評価されなかったという学生時代。マイケル・ジャクソン、マドンナらポップス全盛期の米ロサンゼルスを訪れ、「マイケル・ジャクソンだったら私の楽曲を採用してくれるかも」とポップスの作曲家を目指すようになったという。ロサンゼルスで活動することを決意したが、米国暮らしを始めるもお金がなく「そのころバブルで、日本のレコード会社がいっぱいロサンゼルスにレコーディングに来ていて。日本語も英語もできて、音楽アシスタントができる子を探していたんですよ」と米国に来ていた日本のレコード会社のアル◯◯トに飛び込んだという。

     「日当をたくさんくれまして。1カ月のお家賃が1日で稼げるくらい…なので頻繁にやっているうちに『あなた何になりたいの』と聞かれたから『アメリカで作曲家になりたい。曲を売りたいのでもしよかったら聞いてください』と音源を渡したり、日本に帰国したときには『仮歌やってくれない?』って言われて歌を歌って小遣いを稼いだ。それでお金が貯まったらアメリカに戻って作曲のレッスンに費やしていた」と歌い始めたのは作曲家になるための小遣い稼ぎのためだったと明かす。

     「そんな感じでやっていたら『一曲歌ってみませんか』と。映画の主題歌の仕事があるんですけどやってみませんかって言われて。『いくらですか?』と聞いた」と“歌手オファー”にもあくまで小遣い稼ぎのスタンスを変えなかったというが、26歳で日本で歌手デビューを果たし、一躍スターとなった。

     坂上忍(53)から「作詞作曲でバカ売れして、めっちゃ印税すごかったのでは?」と問われると「だからやめられなくなっちゃって、今に至る」とこれまでの経緯を冗談めかしつつ語った。

    引用元: ・【歌手】広瀬香美 歌手デビューは「小遣い稼ぎ」だった…「やめられなくなっちゃって、今に至る」 [鉄チーズ烏★]

    【【歌手】広瀬香美 歌手デビューは「小遣い稼ぎ」だった…「やめられなくなっちゃって、今に至る」 [鉄チーズ烏★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スクリーンショット 2018-08-30 10.11.17
    Yahooニュースより


    1: 砂漠のマスカレード ★ 2018/08/30(木) 09:43:33.74 ID:CAP_USER9
     『ロマンスの神様』『ゲレンデがとけるほど恋したい』など、数々のヒット曲を持つシンガーソングライターの広瀬香美が8月29日、自身の公式サイトで元所属事務所からの独立問題を巡る“芸名使用禁止騒動”について声明を発表した。

     広瀬は元所属事務所との話し合いの結果、新しい事務所に円満移籍したことを明かし、ファンや関係者に向け「多大なご心配、ご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫びいたします」と謝罪。さらに「今後も世界中の皆様に素晴らしい音楽を届けられるよう、より一層、音楽活動に邁進してまいります。引き続き、温かいご支援をよろしくお願いいたします」と語った。

     広瀬は去る5月、自身のフェイスブックで、所属していた事務所と契約を解除し独立することを発表。これに対し事務所側は「芸名を使用した芸能活動の禁止を求める」などとし、芸名を使用して活動した場合、加担した第三者に対しても法的措置を取る可能性にも言及、騒動に発展していた。

     「広瀬は今後、自らも歌いますが、プロデュース業に軸足を置いて、新人の発掘と育成に力を入れていくと思います。小室哲哉のようなヒットメーカーを目指すと思います」(芸能関係者)

     広瀬はもともと歌い方の教則本をリリースしたり、歌のレッスンには定評がある。

     「前の事務所では、コンサートや新曲リリースなどノルマ的なものがありましたが、これからはそうした縛りもなく、自由にのびのびと活動できる。映画やテレビのオファーも来ており、大御所への道のりを歩み出したような感じもしますね」(同・関係者)

     新人を発掘して育成するとなると、つんくや秋元康氏の名を出すまでもなく、ヒットすれば巨大な金と利権が転がり込む。

     「広瀬は売れない時代に苦労していますから、そのときの悔しさを新人には味わわせたくないと思っているでしょう。だから、しっかりとした教育をしていくと思いますよ」(同)

     “冬の女王”のイメージが強い広瀬だが、自身のシングル『夏だモン』や、広末涼子に提供した『summer sunset』など夏の曲もかなり書いている。
     広瀬が育てるアーティストを早く見てみたい。

    http://dailynewsonline.jp/article/1511251/
    2018.08.29 22:40 週刊実話

    【【芸能】『冬ソングの女王』広瀬香美“円満独立”本当の理由 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ばーど ★ 2018/06/01(金) 08:10:54.82 ID:CAP_USER9
    no title


    5月28日に新たな公式サイトを開設し、新事務所への移籍を発表した歌手広瀬香美(52)に対し5月31日、これまでマネジメントをしていた事務所「オフィスサーティー」が、公式サイトで「広瀬香美」の芸名使用禁止を求めていることを発表した。

     この日、オフィスサーティーはHPで「弊社に許可を得ることなく、新事務所に移りました」と、一方的な独立発表だったと説明。また「広瀬香美は弊社代表取締役が命名した芸名であり、使用権限は、弊社及び代表取締役に帰属し、弊社所属アーティストとしての活動以外には広瀬香美の芸名を使用できません」とした。

     さらに、芸名を使用した芸能活動には損害賠償請求を含め厳しい対応をとるとしている。同事務所によると、広瀬がデビューした際、事務所退所の際は芸名を使用しない約束を文書で交わしていたという。

     これに対し、広瀬はこの日夜ツイッターを更新し、「広瀬香美としての活動は今まで通り続けていきますので心配しないでくださいね」と宣言した。今後、芸名使用をめぐって泥沼化となりそうだ。

     広瀬は92年にデビュー。93年に「ロマンスの神様」がヒットし、98年のベスト盤は200万枚を超える大ヒットとなった。

    2018年6月1日7時10分
    日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201806010000099.html

    関連スレ
    【音楽】<歌手の広瀬香美>所属事務所が活動休止発表!芸名の使用禁止求める★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527768298/

    【【音楽】事務所移籍で「広瀬香美」使用禁止!デビューした際に使用しない約束を文書で交わす 】の続きを読む

    このページのトップヘ