ふかや〜ちゃんねる・芸スポ速報!

『ふかや〜ちゃんねる』では、管理人が面白いと思った記事をまとめております。 ふっかちゃん・深谷ネギでお馴染みの深谷市からお届けいたします。 【サイト名】 ふかや〜ちゃんねる 【 URL 】 http://blog.livedoor.jp/pierothjp/ 【 RSS 】 http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fpierothjp%2Findex.rdf

    惨敗

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スクリーンショット 2018-10-12 13.51.36
    Yahooニュースより

    1: 春の呪い ★ 2018/10/12(金) 09:39:16.48 ID:CAP_USER9
    ヒロインを務めたNHK朝ドラ「ひよっこ」の続編が発表され、ノリにノッてる有村架純(25)だが、目下の主演作がまさかの惨敗スタートとなった。

     TBS系ドラマ「中学聖日記」(火曜22時~)の初回(9日放送)視聴率は6.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。21時台の人気番組「マツコの知らない世界」からそのまま客を引っ張ってこれず、目も当てられない数字を出しちゃったのである。

    ■タイトルも敗因か

     有村演じる新米中学教師と10歳年下の教え子との“禁断の愛”を描く本作。一体、何が悪かったのか。放送ライターの堀江南氏は、「AVまがいのタイトルが良くなかったのではないか」とこう続ける。原作である同名コミックに準じた格好だが、「かつて『高校教師』(93年)や『魔女の条件』(99年)などで描かれた設定で新鮮さに欠けていたふしもある。しかも、有村と恋に落ちる中学生を演じるのが、19歳の新人俳優という売り文句。高校生役ならまだしも年齢設定に無理を感じ、タイトルと相まって静観した人は少なくなかったのだと思います」。

     オーディションで役を勝ち取ったシンデレラボーイの名前は、岡田健史(19)。初回から「僕、先生のこと、好きになっちゃいました。好きになっちゃいました! もう、どうしていいか全然わかりません」と告白し、初々しい存在感と演技で見せ場をつくっていた。すぐさまあのイケメンは誰? と話題を呼び、ネット上では元高校球児で出身地や本名まで特定される事態となっている。

     そんな原石の魅力にいち早く目を付けたのは、芸能事務所の「スウィートパワー」だ。結婚を機に芸能界を引退した堀北真希(30)はじめ、黒木メイサ(30)、桐谷美玲(28)ら主役級の女優を輩出してきたが、近年は男性専用の事務所「スパイスパワー」に力を入れている。岡田に関しては5年もの間、口説き続けて説得したというから執念たるや凄まじい。

    「事務所社長と同じ名字を芸名につけたことからも想像できるように、気合の入れようは半端ない。今年の春ごろからテレビ各局に猛烈な売り込みをかけていました。事務所としては堀北が離脱し、右に倣えとばかりに桐谷も結婚して休業状態。立て続けに稼ぎ頭を失ったのが痛かったようで、俳優に力を入れ始めた。事務所関係者は『男の子は結婚しても仕事が続けられるからいいわよねえ』などとよく話したりしているそうですよ」(民放キー局関係者)

     ドラマも役者人生も始まったばかり。新人イケメン俳優への期待と使命は相当なもの。有村との禁断の愛が苦い記憶にならなければいいが。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181012-00000005-nkgendai-ent

    【【ドラマ】 「中学聖日記」初回惨敗で…岡田健史に課せられた2つの使命 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スクリーンショット 2018-05-31 08.59.01
    Yahooニュースより

    1: スレ立て代行@ベクトル空間 ★ 2018/05/31(木) 08:21:24.01 ID:CAP_USER9
    https://i.imgur.com/oGIe7oJ.gif

    西野ジャパン2失点完敗 試合中に観客帰り始める、試合後大ブーイング
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000146-dal-socc

    「キリンチャレンジカップ、日本0-2ガーナ」(30日、日産スタジアム)

    西野朗監督(63)率いるサッカー日本代表(FIFAランク60位)が
    W杯ロシア大会へ向けた国内最終戦で、ガーナ戦(同50位)に0-2で完敗した。

    ハリルホジッチ前監督時代にはなかった3バックを採用し、スタートした西野ジャパン。
    3-6-1の布陣からサイド攻撃などを見せていたが、
    開始8分、DF槙野が与えたPKをMFパーティーに直接決められて先制を許す
    後半開始からは代表戦7カ月ぶりとなるMF香川らを投入して同点を狙ったが、
    逆に6分にGK川島がエリア内で相手選手を倒してPKを献上。これをMFボアテングに決められた。

    チーム支給のグレーのウェアに黒色のキャップで代表初指揮に臨んだ西野監督。
    強い雨の中、テクニカルエリアに立ち続け、交代枠を最大の6人を使って選手をテスト。
    残り15分は4バックへの変更も試みるが、最後までゴールは遠かった。

    指揮官は「トライはたくさんできましたが、結果を出すことが大前提。それが出せなかった」と厳しい表情。
    3バックについては「時間とともに機能しているところもありましたが」としながらも、
    「序盤の入り方がスムーズでなかった」と表情が晴れることはなかった。

     本大会直前の指揮官交代を不安視する声が渦巻く中での完敗。
    後半40分頃からは帰り始める観客も目立ち、試合後は乏しい内容に大ブーイングが起こった。
    西野ジャパンの初戦は、厳しい壮行試合となった。

    ★1 2018/05/30(水) 22:11:40
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1527696867/

    【【サッカー日本代表・惨敗】 失望した観客、試合中に帰宅開始! 試合後には大ブーイングの嵐!★4 】の続きを読む

    このページのトップヘ