ふかや〜ちゃんねる・芸スポ速報!

『ふかや〜ちゃんねる』では、管理人が面白いと思った記事をまとめております。 ふっかちゃん・深谷ネギでお馴染みの深谷市からお届けいたします。 【サイト名】 ふかや〜ちゃんねる 【 URL 】 http://blog.livedoor.jp/pierothjp/ 【 RSS 】 http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fpierothjp%2Findex.rdf

    日本テレビ系

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: jinjin ★ 2021/04/25(日) 01:32:42.48 ID:CAP_USER9
    『ケンミンショー』のデマに“北海道民”激怒?「ウソ言わないで」「謝るべき」


    元衆議院議員でタレントの杉村太蔵が、4月22日放送の『秘密のケンミンSHOW極』(日本テレビ系)に出演。
    番組中の発言に北海道民がクレームをつけている。

    この日は大阪のみたらし団子を特集。地元の名店『喜八洲』のみたらし団子は、俵型でやや焦げが多めの焼き加減が人気とのこと。
    府民は「平面だから、焦げ目が多くておいしい」などと評す。北海道厚岸町産の昆布を使い、出汁を取ったタレがおいしさの秘密だという。


    大阪では祝いごとや、お茶受けにも「喜八洲」の団子が使われていると紹介。
    団子のタレを有効活用してタレ入りのパンなどを作る家庭もあるのだとか。


    「団子屋さん北海道にあるかな?」

    スタジオでは大阪出身の西川きよしや池畑慎之介が、みたらし団子の魅力をアピール。
    ここで北海道旭川市出身の杉村は「団子屋さん、北海道にあるかな?」と首をかしげた。

    続けて杉村は「みたらし団子って、ほぼ言わないですね! しょう油団子! 」とコメント。
    「みたらし団子はあるんでしょ?」と久本雅美が問うと、「しょう油ベースのやつを上だけ塗るんですよ、北海道は。(タレに)漬けないっていうか」と力説した。


    杉村は団子の試食後、北海道の昆布が使われていることに胸を張ったが「北海道の…どっかからの昆布でしょ?」と厚岸の地名が出てこなかった。


    一連の杉村の言葉に、道民から反論が続出している。

    《私北海道だけど普通にみたらし団子って言います 杉村太蔵さんどちらの出身なんだろ》
    《みたらし団子はみたらし団子って言うけどなー 杉村太蔵さんは醤油団子って言うらしい》
    《北海道と言えば大沼だんごを知らないのか? あれも醤油って言ったかな》
    《杉村太蔵さんは道産子のくせに大沼だんごを知らんのか? 》
    《杉村太蔵さん大沼だんご知らんとか北海道エアプ過ぎるだろ》
    《やだー!杉村太蔵ウソ言わないでよー。みたらし団子って普通に言うって! てか、醤油団子なんて聞いた事ないわ》
    《太蔵さん、厚岸町の町民に謝るべきだな》
    《太蔵さん、せっかく北海道産昆布なのになんで詳細な産地覚えてないの…(厚岸です)》

    道民はさぞ悲しんでいることだろう。

    042501


    https://myjitsu.jp/archives/276106

    引用元: ・【テレビ】『ケンミンショー』のデマに“北海道民”激怒? 「ウソ言わないで」「謝るべき」 [jinjin★]

    【【テレビ】『ケンミンショー』のデマに“北海道民”激怒? 「ウソ言わないで」「謝るべき」 [jinjin★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: muffin ★ 2021/03/22(月) 17:19:49.74 ID:CAP_USER9
    https://friday.kodansha.co.jp/article/170425

    前略
    しかし一部ネット上では、この騒動に乗じて物議を醸している動画がある。それはダウンタウンが司会を務める『史上空前!笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ2013』の映像だ。この番組はランダムに芸人をマッチングさせ、お互いが新ネタを作り番組内で発表するという人気番組。この年、渡辺は小藪一豊とコンビを組んでコントを披露した。

    内容はこうだ。ある旅館を訪れた小藪が相部屋を頼まれて部屋に入ってみると、閉まった襖の向こうから可愛らしい声の女性が挨拶をしてくる。小藪は「めっちゃ声かわいい。AKBのまゆゆみたいな人かな」と想像を膨らませる。

    しかし襖から登場すると、顔を黒塗りにしてMCハマーのような髪型をした渡辺が登場。すると、小藪は「うわー!!!」と叫ぶのだ。
    「AKBじゃなくてR&Bや!」
    と渡辺をいじり会場は爆笑の渦に。渡辺の両親は栃木と茨城出身という設定だったが、途中でゴスペル風の変な歌を歌うなど数々の笑いをとった。

    「2人でネタ合わせをして考えていると思うので、渡辺さんの意見も少なからず入っていると考えるのが自然でしょう。容姿侮辱問題の被害者だったはずの渡辺さんが、実は過去に黒塗りメイクをしてネタをしていたことに、ネット上では少なからず疑問の声が上がっているんです。無論、渡辺さんには差別する気などなく、親近感があってやったことでしょう。悪意などみじんもないはずです。ですが『当時も心中穏やかじゃない人もいたのでは…』という指摘が出ている。容姿侮辱問題が出たからこそ、過去の映像も発掘されてしまった。彼女にとってはまさに“もらい事故”状態でしょう」(スポーツ紙記者)

    この放送時には問題にならなかったようだが、’17年に放送された年末特番『絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時!』(日本テレビ系)では、浜田雅功が映画『ビバリーヒルズ・コップ』のエディー・マーフィー風に扮したことが大問題となった。これを機に、ずいぶんと意識も環境も変わっていった。

    「コロナ禍で全公演中止になりましたが、渡辺さんが主演で‘20年に上演予定だったミュージカル『ヘアスプレー』は、黒人役のキャストもあったのですが、“黒塗りメイク”しないことを決断し、話題になりました。今の渡辺さんは、すべてを理解しているのでしょう。時代によってコンプライアンスや世間の意識というのは変化しますので、過去の画像などで『あれもあった』『こんなのもあった』と一概に非難するというのは、ある意味では危険なことだと思います」(テレビ局関係者)

    今回の騒動に乗じて、渡辺は過去の動画までネットで蒸し返されることになってしまった。

    全文はソースをご覧ください
    no title

    引用元: ・【芸能】渡辺直美、過去にコントで「MCハマー風黒塗りメイク」発掘騒動の“もらい事故” [muffin★]

    【【芸能】渡辺直美、過去にコントで「MCハマー風黒塗りメイク」発掘騒動の“もらい事故” [muffin★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Anonymous ★ 2021/03/22(月) 17:43:55.52 ID:CAP_USER9
    https://biz-journal.jp/2021/03/post_214842.html

     昨年6月に不倫が発覚し、早9カ月が経過した渡部建。昨年大みそか放送のテレビ番組『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』(日本テレビ系)への出演情報が11月に漏れ、渡部の出演シーンはカット。さらに12月には騒動後初となる謝罪会見を行ったものの、「私の口からは言えない」などの返答を繰り返し、逆に世間からの批判に油を注ぐ結果となった。

     その渡部が年明けから豊洲市場で働いていると2月に報じられ、さらに「週刊現代」(講談社)など一部メディアでは、今年のゴールデンウィークに放送される『行列のできる法律相談所』(日テレ系)で復帰する予定とも伝えられているが、テレビ局関係者はいう。

    「『行列』と『笑ってはいけない』で演出を担当するAさんが渡部と親しく、『笑ってはいけない』で渡部が出演する企画もAさんが渡部サイドに出演オファーをしたものでした。結局、出演情報が漏れて渡部のシーンはカットされたわけですが、局側からタレント側にオファーをして収録までしたものを、いくら世間からの批判を受けたからとはいえ局の都合でお蔵入りさせるというのは、業界的にはご法度。Aさんはじめ『行列』制作サイドとしては渡部に“借り”ができた状態で、その“借り”を返すために『行列』でのテレビ復帰のお膳立てをしていたわけです」

     その『行列』での復帰話と豊洲でのアル◯◯トは無関係ではないと、別のテレビ局関係者はいう。

    「渡部が豊洲でアル◯◯トを始めた直接的なきっかけは、以前から懇意にしていた魚河岸の社長さんから声をかけられたことですが、『行列』スタッフからの提案で、復帰時の番組内で放送することを想定して渡部は豊洲で働いている際のVTRを撮影していたようです。つまり豊洲での◯◯トは“ロケ”の一環だったともいえ、単なる“禊ぎ労働”というわけではなかったのかもしれません」

    (略)
    no title

    引用元: ・【芸能】渡部建の豊洲バイト、『行列』ロケの一環だった! 番組内で放送すること想定しVTRを撮影していた “禊ぎ労働”ではなかった [Anonymous★]

    【【芸能】渡部建の豊洲バイト、『行列』ロケの一環だった! 番組内で放送すること想定しVTRを撮影していた “禊ぎ労働”ではなかった [Anonymous★]】の続きを読む

    このページのトップヘ