ふかや〜ちゃんねる・芸スポ速報!

『ふかや〜ちゃんねる』では、管理人が面白いと思った記事をまとめております。 ふっかちゃん・深谷ネギでお馴染みの深谷市からお届けいたします。 【サイト名】 ふかや〜ちゃんねる 【 URL 】 http://blog.livedoor.jp/pierothjp/ 【 RSS 】 http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fpierothjp%2Findex.rdf

    深谷

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 少考さん ★ 2021/02/09(火) 14:38:02.48 ID:CAP_USER9
    ディーン・フジオカ、大河ドラマ初出演 『青天を衝け』で“五代様”が再来「時を超えた不思議な縁」 | ORICON NEWS
    https://www.oricon.co.jp/news/2184062/full/

    2021-02-09 14:07

    俳優のディーン・フジオカが、NHK大河ドラマ『青天を衝け』(2月14日スタート、毎週日曜 後8:00 総合ほか)に出演することが9日、同局から発表された。主人公・渋沢栄一(吉沢亮)と同時代を駆け抜けた実業家、五代才助(友厚)役に起用された。

    ディーンは、2015年に放送されたNHKの連続テレビ小説『あさが来た』の五代友厚役を務めた。実業家として奮闘する主人公のあさを支えたキーパーソンで、出演当時は視聴者に“五代様”と親しまれ、人気が急上昇。志半ばに早逝すると「五代ロス」と呼ばれる社会現象まで起きた。朝ドラと大河で同じ人物を演じることは珍しく、またも話題を集めることになりそうだ。

    大河初出演となるディーンは「とても光栄に思います。そして、連続テレビ小説『あさが来た』の時と同じ五代友厚役を再び演じる機会をいただいたことを心からうれしく思うと共に、時を超えた不思議な縁を感じております」とコメント。

    「日本の近代史において『西の五代』が『東の渋沢』とどう関わり、大阪経済復興に身を捧げたのか。その力強い生き様や、成し遂げた偉業について、視聴者の皆様と共に更なる理解を深めていけるよう『五代さん』を全身全霊で演じます」と力を込めている。

    そのほか、俳優・町田啓太が新選組副長・土方歳三を務めることも発表。池田屋事件で功績を挙げ、幕臣になった栄一とある任務で出会い、同じ百姓出身ということもあって意気投合する。鳥羽・伏見の戦いで敗れるが、官軍に抵抗して各地を転戦。榎本武揚(えのもとたけあき)や栄一の従兄・喜作らと箱館に渡り五稜郭を占領するが、新政府軍との壮絶な闘いの中で戦死する。

    町田は「幼少の頃、木刀を振りながら新選組のダンダラ羽織を一度は羽織ってみたいと思っていた自分に、『楽しみにしていな』と出来るならば伝えたい心持ちです。あまり広くは知られていない渋沢栄一と土方歳三の関わり、交わらなさそうな人との出会いによって、何か変化が起こり今の時代にも繋がるなんて本当に面白いものだなと感じます」と伝え「バラガキ、土方歳三の誠とは何だったのか、寄り添いながら自分なりに体現したいと思います」とメッセージしている。

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。
    no title

    引用元: ・【ドラマ】ディーン・フジオカ、大河ドラマ初出演 『青天を衝け』で“五代様”が再来「時を超えた不思議な縁」 [少考さん★]

    【【ドラマ】ディーン・フジオカ、大河ドラマ初出演 『青天を衝け』で“五代様”が再来「時を超えた不思議な縁」 [少考さん★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: たんぽぽ ★ 2018/01/28(日) 21:12:35.80 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00000141-spnannex-ent
    スポニチアネックス

     俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)第4話が28日に放送された。

     お由羅騒動、“西郷隆盛の師”赤山靱負無念の最期、島津斉彬の藩主就任など衝撃的な場面が多く、放送後から視聴者の反響を呼んだ。

     第4話の副題は「新しき藩主」。斉彬(渡辺謙)を次期藩主にと尽力する者たちを、斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)が一気に粛清する「お由羅騒動」が起こり、吉之助(鈴木亮平)が先生と慕う赤山(沢村一樹)に切腹の沙汰が下る。さらに、処罰は大久保家にもおよび、大久保正助(瑛太)の父・次右衛門(平田満)は島流しとなり、正助も謹慎処分を受ける。

     赤山の介錯は吉之助の父・吉兵衛(風間杜夫)が行うこととなり、吉之助は、赤山の無念の最期に立ち会うことに。渡辺が演じる斉彬は藩主の座に就くため、父・斉興と対峙し大勝負を挑む。選んだ戦いは、一発だけ弾薬を装填した銃をこめかみに向け互いに引き金を引く“ロシアンルーレット”。

     斉彬の決死の覚悟を知った斉興は藩主の座を渡すことになった。斉彬の“ロシアンルーレット”にインターネットは「まさかのロシアンルーレット!」「渡辺謙と鹿賀丈史の迫真演技が凄かった」「大事なことだからこそ運命に任せるのかな」など痺れる展開を楽しむ声が集まった。

     渡辺はこの日、自身のツイッターを更新。「先の見えない薩摩。いよいよ斉彬が、父斉興との藩主争奪戦に立ち上がります。若者達の前半、江戸の後半と2話分位の厚みがある話です。久しぶりにビンビン痺れるシーンやらせてもらいました」と撮影を振り返っている。

    【【大河ドラマ】「西郷どん」ロシアンルーレットが話題に 渡辺謙と鹿賀丈史が迫真演技 】の続きを読む

    このページのトップヘ