ふかや〜ちゃんねる・芸スポ速報!

『ふかや〜ちゃんねる』では、管理人が面白いと思った記事をまとめております。 ふっかちゃん・深谷ネギでお馴染みの深谷市からお届けいたします。 【サイト名】 ふかや〜ちゃんねる 【 URL 】 http://blog.livedoor.jp/pierothjp/ 【 RSS 】 http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fpierothjp%2Findex.rdf

    西郷どん

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ばーど ★ 2018/06/01(金) 08:25:34.58 ID:CAP_USER9
    no title


    都内のこぢんまりしたマンション前に1台のバンが停車。運転手がスライドドアを開けると、強まる雨脚を避けるように、急ぎ足でキャップに短パン姿のイケメンがエントランスに駆け込んだ(左写真)。

     遅れること10秒ほどで、ナマ足をムキ出しにした美女が続く。
     
      このエロすぎる美女の名は吉澤友貴(26)。88cmEカップの巨乳を武器にAV業界を席巻する人気セクシー女優だ。

     彼女と時間差でマンションに入ったイケメンは堀井新太(あらた)(25)。いま、最も注目を集める若手イケメン俳優の一人である。

     堀井は’15年にNHK朝の連続テレビ小説『マッサン』で人気が沸騰するや、同年すぐ、NHK大河ドラマ『花燃ゆ』に出演。あの大ヒットドラマ『下町ロケット』(TBS系)にも起用され、今年は大河『西郷どん』で西郷隆盛の弟分、村田新八役を演じている。

     この日、吉澤は所属する人気AV嬢ユニット『恵比寿☆マスカッツ』の新曲披露ライブに出演。一方の堀井は所属するイケメン俳優ユニット『D-BOYS』メンバーらと都内でダンスレッスンに勤しんでいた。一足先にライブを終えた吉澤は、自身の送迎車でダンスレッスンの会場に乗り付け、堀井をピックアップ。冒頭のように、一緒にマンションへ帰ったのだ。堀井どん、大金星でごわす!

    「二人が付き合い出したのは、ごく最近なんですが、よっぽど相性がいいのか、堀井くんが彼女のマンションに転がり込む形ですでに同棲状態だそうです。それにしてもNHKお気に入りのピュア・イケメンがマスカッツの中でもゲスキャラで売ってる吉澤さんと付き合うなんて超意外!」(現役グラドル)

     堀井の所属事務所は本誌に「友人の一人です。交際の事実はございません」と答えたが、本誌が見た限り、ほとんど同棲状態。恋愛も順風満帆なようだ。

     6月1日発売のフライデー最新号では、堀井と吉澤の手つなぎツーショット写真を掲載。FRIDAYデジタルでは、本誌未掲載の写真も多数公開している。

    6/1(金) 7:02
    FRIDAY
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180601-00010000-friday-ent

    【【芸能】『西郷どん』イケメン俳優 堀井新太は、巨乳セクシー女優と「同棲中」 フライデー 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    33
    Yahooニュースより

    1: ひろし ★ 2018/04/22(日) 22:29:28.35 ID:CAP_USER9
     俳優の鈴木亮平(35)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)の第15話が22日に放送された。

     第15話の副題は「殿の死」。篤姫(北川景子)と将軍・家定(又吉直樹)は仲むつまじい日々を過ごしていたが、家定が病に突然倒れる。それに乗じ井伊直弼(佐野史郎)が幕府の最高権力者である大老職に就き、次期将軍は紀州の慶福と決まる。西郷吉之助(鈴木亮平)は急ぎ薩摩に戻り、島津斉彬(渡辺謙)に報告するが、斉彬は万策尽きたこと告げ吉之助を庭方役から解いてしまう。落胆するばかりの吉之助に大久保正助(瑛太)は激怒。やがて斉彬は薩摩軍を率いて京を目指す上洛計画を始動する。

     「殿の死」という意味深な副題通り、激動の展開となった第15話。放送後の反響も凄まじく「斉彬公が…。突然すぎる」「吉之助とのやりとり、もう見られないのか」という声や「将軍家定さまも…篤姫がかわいそう」「幸せな時間はあっという間に過ぎてしまった」「家定の優しさに泣けた…」などの声が集まった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180422-00000175-spnannex-ent

    【【大河ドラマ】西郷どん、激動の展開に「斉彬公が…。突然すぎる」「家定さまの優しさに泣けた」 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: たんぽぽ ★ 2018/01/28(日) 21:12:35.80 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180128-00000141-spnannex-ent
    スポニチアネックス

     俳優の鈴木亮平(34)が主演を務めるNHK大河ドラマ「西郷(せご)どん」(日曜後8・00)第4話が28日に放送された。

     お由羅騒動、“西郷隆盛の師”赤山靱負無念の最期、島津斉彬の藩主就任など衝撃的な場面が多く、放送後から視聴者の反響を呼んだ。

     第4話の副題は「新しき藩主」。斉彬(渡辺謙)を次期藩主にと尽力する者たちを、斉彬の父・斉興(鹿賀丈史)が一気に粛清する「お由羅騒動」が起こり、吉之助(鈴木亮平)が先生と慕う赤山(沢村一樹)に切腹の沙汰が下る。さらに、処罰は大久保家にもおよび、大久保正助(瑛太)の父・次右衛門(平田満)は島流しとなり、正助も謹慎処分を受ける。

     赤山の介錯は吉之助の父・吉兵衛(風間杜夫)が行うこととなり、吉之助は、赤山の無念の最期に立ち会うことに。渡辺が演じる斉彬は藩主の座に就くため、父・斉興と対峙し大勝負を挑む。選んだ戦いは、一発だけ弾薬を装填した銃をこめかみに向け互いに引き金を引く“ロシアンルーレット”。

     斉彬の決死の覚悟を知った斉興は藩主の座を渡すことになった。斉彬の“ロシアンルーレット”にインターネットは「まさかのロシアンルーレット!」「渡辺謙と鹿賀丈史の迫真演技が凄かった」「大事なことだからこそ運命に任せるのかな」など痺れる展開を楽しむ声が集まった。

     渡辺はこの日、自身のツイッターを更新。「先の見えない薩摩。いよいよ斉彬が、父斉興との藩主争奪戦に立ち上がります。若者達の前半、江戸の後半と2話分位の厚みがある話です。久しぶりにビンビン痺れるシーンやらせてもらいました」と撮影を振り返っている。

    【【大河ドラマ】「西郷どん」ロシアンルーレットが話題に 渡辺謙と鹿賀丈史が迫真演技 】の続きを読む

    このページのトップヘ