ふかや〜ちゃんねる・芸スポ速報!

『ふかや〜ちゃんねる』では、管理人が面白いと思った記事をまとめております。 ふっかちゃん・深谷ネギでお馴染みの深谷市からお届けいたします。 【サイト名】 ふかや〜ちゃんねる 【 URL 】 http://blog.livedoor.jp/pierothjp/ 【 RSS 】 http%3A%2F%2Fblog.livedoor.jp%2Fpierothjp%2Findex.rdf

    週刊文春

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 鉄チーズ烏 ★ 2021/05/11(火) 23:05:07.87 ID:CAP_USER9
    https://bunshun.jp/articles/-/45398

    音楽デュオ・コブクロの黒田俊介(44)が5月10日、5月12日発売の「週刊文春」の出版差し止めを請求する「仮処分命令申立書」を東京地方裁判所民事部に提出した。「週刊文春」では、黒田と不倫関係にあった30代独身女性・A子さんが◯◯未遂していたトラブルを取材していた。

    「週刊文春」編集部の取材では、妻子のある黒田はA子さんと2019年秋から不倫関係に陥っていた。黒田が出張の際はA子さんを出張先に呼び、A子さんの家族にもブランド品をプレゼントするなど、親密な関係が続いた。しかし翌年、関係が悪化。精神的に不安定となったA子さんは、それまでのLINEのやり取りなどを黒田の自宅ポストに投函するなどした。女性の言動を「ストーカー」だとみなした黒田の代理人弁護士は、その旨を女性に警告。今年3月には大阪府警豊中警察署にも相談に赴いていた。

    1月にうつ病と診断されていた女性は、「黒田さんは、私のことはもうどうでもいいと思っている」と感じ、4月13日未明、70錠以上の抗うつ薬と睡眠薬を服用し、◯◯を図るに至った。

    「週刊文春」が黒田に取材を申し入れると、代理人弁護士から、A子さんは黒田のストーカーであること、◯◯未遂もその一環であり、「回答人(黒田)を苦しめるために行っているストーカー行為である」と認識している旨の回答があった。また、黒田とA子さんとの不倫関係については回答しなかった。

    ただ、「週刊文春」の取材によれば、A子さんが70錠以上の抗うつ薬、睡眠薬などを服用していたとする診断は確かに存在していた。黒田は、「週刊文春」の報道はストーカーを助長する行為にあたるとして、5月10日に出版差し止めの仮処分を請求。だが5月11日、東京地裁は仮処分申請を「差し止めの要件を充足しない」として却下、A子さんの◯◯未遂についても、虚偽であるとまで認めることはできないとした。出版物の事前差し止め請求という、異例の行為を行ってまで、黒田が報道を差し止めたかったA子さんとのトラブルとは一体、何だったのか。

    詳しくは5月11日(火)16時配信の「週刊文春 電子版」及び5月12日(水)発売の「週刊文春」が報じている。

    ★1が立った日時:2021/05/11(火) 17:16:30.52

    前スレ
    【音楽】コブクロ黒田 “不倫相手が◯◯未遂”報道の「週刊文春」を東京地裁に“差し止め”請求 [muffin★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1620720990/
    no title

    引用元: ・【音楽】コブクロ黒田 “不倫相手が自殺未遂”報道の「週刊文春」を東京地裁に“差し止め”請求 ★2 [鉄チーズ烏★]

    【【音楽】コブクロ黒田 “不倫相手が自殺未遂”報道の「週刊文春」を東京地裁に“差し止め”請求 ★2 [鉄チーズ烏★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: シャチ ★ 2021/05/06(木) 12:31:49.54 ID:CAP_USER9
    黒木メイサや桜庭ななみらを擁する芸能事務所スウィートパワーの岡田直弓(なおみ)社長(53)。「週刊文春」3月11日発売号では、所属する未成年女優に“夜のダブルベッド”を強要するなど、セクハラ行為を重ねていたことを報じたが、今度は……。

    セクハラだけでなくスタッフへの“パワハラ”も

     天才的な“審美眼”で、数々の美少女を発掘してきた岡田氏。芸能界きっての敏腕社長として知られるが、事務所の元社員はこう証言する。

    「岡田社長は所属女優へのセクハラだけでなく、事務所スタッフへの“パワハラ”も酷いんです。『死んで来い』とか『バカ野郎』とか、罵声を浴びせられるのは日常茶飯事でした」

     例えば、社長の運転手には、後部座席の岡田氏が弁当を出したら紙エプロンを渡し、食べ終わったら糸ようじと紙コップに入れた洗口液を渡し、最後に吐き出した洗口液を処理する――などの仕事があるという。

    「それぞれのタイミングが少しズレるだけで、わざわざ車を停めて『死ね』と数十分間怒鳴り散らされます。お気に入りの道を通らなかったという理由で、後部座席から運転席を蹴り上げられたり。『このハゲー!』の豊田真由子元衆院議員とソックリです」(別の元社員)

    パワハラの証拠LINEを入手
     LINEで社員らを罵ることも少なくなかった。「週刊文春」は今回、岡田氏が社員らに送信した複数のLINEを入手。そこには〈しね〉〈死んでこい〉〈頭悪すぎます〉などの言葉や、差別的な表現が記されていた。

     事務所関係者が明かす。

    「少しでも連絡が付かないと〈しね〉とLINEを送ってくる。謝っても〈頭悪すぎます〉などと返してくるだけ。あまりに怒っている時はA4用紙に手書きで5枚以上、始末書を書かされる。謝罪しても無視されます」

    自損事故を起こすと自腹で修理
     こうした罵声や罵倒するメールだけではない。タレントが乗る車などを運転して、車を擦るなどの自損事故を起こした際には、

    「事務所は車両保険に入っていますが、基本的にはぶつけた本人が自腹で修理させられます。事故を起こすと保険の等級が下がってしまう。その分、高くなった保険料を支払わされた社員もいました」(元従業員)

     これら岡田氏の言動について、パワハラ問題に詳しい法律事務所アルシエンの竹花元弁護士が指摘する。

    「業務に関して口頭やLINEで『死ね』と暴言を吐いたり、運転手が道を間違えたことに対して運転席を後ろから蹴り上げるなどの◯◯を行うことは、パワハラ(労働施策推進法)に該当します。また、パワハラや車両の修理代の自己負担が事実であれば、前者については慰謝料が、後者については支払った金銭の少なくとも一部に相当する金額の損害賠償が認められる可能性が高いと言えます」

     セクハラに加え、新たに明るみに出たパワハラ。社員らの退社も相次いでいるというが、所属タレントの離反も目立つ。これまでも堀北真希や元KARAのジヨンらが退所してきたが、ここに来て、新たな退所者が出た。男性部門スパイスパワーに所属していた気鋭の若手俳優、高杉真宙(まひろ)である。(以下ソースで)

    ソース 文春
    https://news.yahoo.co.jp/articles/f9bd4416be281cd2a02a387c737646f5f7599b46

    引用元: ・【芸能】〈死んでこい〉〈頭悪すぎます〉スウィートパワー“セクハラ女社長”の“パワハラLINE” [シャチ★]

    【【芸能】〈死んでこい〉〈頭悪すぎます〉スウィートパワー“セクハラ女社長”の“パワハラLINE” [シャチ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 砂漠のマスカレード ★ 2021/03/24(水) 16:58:44.92 ID:nozp0of/9
     菅義偉首相が、長男の正剛氏が筆頭株主の会社から長年にわたり、多額の政治献金を受けていることが「週刊文春」の取材で分かった。

    これまで菅氏は、長男による総務省幹部への違法接待問題について追及を受けるたびに、成人した長男と自身の政治活動とはまったく関係のない「別人格」だと何度も強調してきた。

     正剛氏が筆頭株主の会社は、株式会社ステーションキャラバン(横浜市、以下ステーション社)。

     関係者によると、同社が1982年に設立された際、菅氏が全株式2万株の半分、1万株を持ち筆頭株主となった。

     ステーション社のA社長が語る。

    「以前、経営した喫茶店が駅ビルの建て替えで立ち退きになった際、菅さんが探してくれたのが今の場所(JR横浜駅南口)でした。しかし、JRの駅ナカは家賃が高く、1年経ったところで(経営が)まずい状態になってしまった。そこで、JRの担当者が『菅さんのこともあるし……』と言って家賃を下げてくれたのです」

     A氏は、自身が社長になった2006年以後、「儲かっていなかったので(菅氏や正剛氏に)配当金を支払ったことは一度もない」と言う。だが違う形で売上の一部が菅氏に還流していた。

    「月3万円の献金を続けています。やっぱりこうやってお店を(良い場所に)作ってもらったりしていますからね。X(横浜駅にステーション社が開いた喫茶店)をやっている間はずっと続けていきます」(同前)

     そして、現在、ステーション社の株は正剛氏が所有しているという。

    菅さんから『株を息子に渡したい』と言われて
    「実は、2012年に菅さんから『株を息子に渡したい』と言われてね。他にも株主や役員がいるので、一応彼らに話をしたら『それは先生の問題だ。他人に渡すんじゃないからいいんじゃないか』ということで、(株主の承諾を得て)株は正剛さんに引き継がれました。ちょうど(同年12月の選挙で)自民党が政権に復帰し、菅さんが官房長官になる前のことです」(同前)

     政治資金収支報告書を確認すると、ステーション社は1997年から1999年まで、年間36万円を菅氏の資金管理団体・横浜政経懇話会に寄付。2000年以降は、菅氏が代表の自民党神奈川県第二選挙区支部に年間33万~46万円を欠かさず寄付している。2019年分までの過去23年間で、合計約770万円の献金が確認できた。

     政治資金に詳しい神戸学院大学の上脇博之教授が次のように指摘する。

    「政治家としての影響力を使った口利きの対価として政治献金をもらうことは、収賄またはあっせん利得と同じ構図でしょう。まして自身や親族が過半の株式を持ち、支配権を握る会社のために駅構内の良い場所を確保するよう口利きをするというのは、自分の利益に直結する話です。国会議員の影響力の使い方として、非常に問題がある」

     菅事務所は、「週刊文春」の取材に対して、次のように回答した。

    「(ステーション社の株など)資産については法令に則り、適切に管理し、公開しています。(出店などの口利きなどは)事実ではありません」

     正剛氏に株式が譲渡され、その企業が菅首相に献金を続けていることが明らかになったことで、正剛氏が菅氏の政治活動と関係のない「別人格」と言えるのか、今後の説明が注目される。

     国交政務官を務め、GoToトラベルを強力に推進するなど国土交通省案件に前のめりな菅首相。そして、菅氏のファミリーに対する鉄道会社の”優遇”はこれだけではなかった。

     3月24日(水)16時配信の「週刊文春 電子版」及び3月25日(木)発売の「週刊文春」では、「菅首相 長男に一万株 鉄道利権を暴く」と題して、自己破産した菅氏弟のJR子会社への再就職、菅氏が正剛氏に株を譲渡した理由、ステーション社とJRとの深い関係、京急との深いつながりと横浜カジノ計画などを6ページにわたって詳報している。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2021年4月1日号

    https://news.yahoo.co.jp/articles/4ed857ec30cf5acb3319e78989f0b6f4f2e2c906
    3/24(水) 16:12配信
    no title

    引用元: ・菅首相 長男が筆頭株主の会社から献金770万円 [砂漠のマスカレード★]

    【菅首相 長男が筆頭株主の会社から献金770万円 [砂漠のマスカレード★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 牛丼 ★ 2021/02/24(水) 17:38:33.73 ID:CAP_USER9
     昨年6月に「週刊文春」が報じた、アンジャッシュ・渡部建(48)の“テイクアウト不倫”。以降、渡部は芸能活動を自粛している。

     「こんなに一生懸命やると思わなかったから、見直している。自分としては、純粋に応援してやりたいと思ってるんだ。見守ってやってほしいな」
    https://news.yahoo.co.jp/articles/b43f6e84b092e892bd16adaca00b533cff353a05

    仕入れた魚を保管する巨大な冷凍庫の中なんかはマイナス40℃以下。分厚いジャンパーを着て耳当てをつけても、数分で凍える環境だよ。水を扱うから、この季節は慣れるまで手がしもやけになることもある。それでいて給料は深夜から昼前までぶっ通しで働いて、日給1万円というところがほとんどだから続けるのは厳しいね」(前出・豊洲市場関係者)
    https://news.livedoor.com/lite/article_detail/19748127/
    no title

    引用元: ・渡部建、日給1万 バイト先社長「こんなに一生懸命やってる」もう許してやれや [牛丼★]

    【渡部建、日給1万 バイト先社長「こんなに一生懸命やってる」もう許してやれや [牛丼★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: ひかり ★ 2021/02/06(土) 11:10:22.85 ID:CAP_USER9
     フリーアナウンサーの小川彩佳(35)の夫、2ce9cb7fa018a33d46978021d833bbca
    氏(36)と一般女性の不倫が『週刊文春』で報じられた。豊田氏は事実関係を認めて謝罪し、医療ベンチャー・メドレー社の代表取締役を辞任。小川アナも「緊急事態宣言下の自粛について夫婦で話し合っていたにもかかわらず、夫のこのような行動が明らかになり、大変残念に思っております」「今後については夫婦でしっかり話し合ってまいります」といったコメントを出し、夫の行為を詫びた。

    「私と彼の関係で、あまりにも多くの人々を傷つけてしまった……」と涙ながらに語るのは、豊田氏の不倫相手のAさん(35)だ。「安達祐実似のウェブデザイナー」として報じられた彼女は、きれいなストレートの髪が印象的な美女だった。そんな彼女が、週刊ポストのインタビューに120分にわたり答えた(2月8日発売号掲載)。話題は、“彼との思い出”から始まった──。

     * * *
     私のしてきたこと、彼との想い出、こうして騒動になってしまった今では全てが悲しい出来事に思えてきます。それでも、報道には誤解も多く、自分の言葉で伝えたいことがあるので、お話しさせていただきます。

     私が豊田さんと出会ったのは、2018年の12月。IT関係者が集まるイベントでした。

     初対面の時から、笑顔が素敵な人でした。年齢も近く、スキューバダイビングやスノーボードなど趣味も多かったし、何より彼と話していると楽しかった。

     どちらともなく連絡を取り合い、翌年(2019年)2月には自然と男女の関係になりました。

     そのすぐ後、豊田さんが福岡に出張することがあり、一緒に行かないかと誘われたんです。そこで初めて彼から恋人がいると伝えられました。

     お相手が小川彩佳さんだとはもちろん知らなかったし、彼も言わなかった。自分が浮気相手なのだと知ってショックでしたが、それでも彼が好きだった。
     5月頃、「俺の結婚がニュースになりそうだ」と伝えられて、初めてお相手が小川さんだと分かったんです。

     7月に彼が小川さんと入籍して、本当に悩みました。このまま関係を続けてはダメだ……と。彼と今後のことを話し合ったんですが、豊田さんは「終わりにしたくない」って。そう告げられて、嬉しい自分がいました。

     ここから先は、越えてはいけない一線を越えることになる。頭ではダメだと分かっていても、どうしても関係が断ち切れなかった。彼から「二人で会いやすいように部屋を借りよう」と提案があり、引っ越すことにしました。2019年9月のことです。

     引っ越し費用と家賃の一部は豊田さんが負担すると申し出てくれました。私からお金の支援を求めたことはないけれど、彼の気持ちは嬉しかった。

     それからは、週3日ほど私のマンションで会いました。彼が泊まることはなく、いつも24時頃には自宅に帰っていきました。

     そうしているうちに、昨年2月に小川さんの妊娠のニュースが入ってきた。いま思えば、ここが最後の分かれ道だったような気がします。小川さんが妊娠したらこの関係は終わらせよう、終わらせなきゃダメだと、ずっと自分に言い聞かせてきました。

     豊田さんに会って、「別れよう」と話しました。でも、彼は「嫌だ」って。その言葉を聞くと、どうしても揺れてしまうんです。お子さんが生まれてからもそう。何度も、何度も、ここで切ろう、終わらせようと思ってきたし、そう伝えました。豊田さんが家庭に帰って行った後、一人残された私は「何をやっているんだろう……」と、どこまでも気持ちが沈みました

     それでも、彼といる時間は代えがたい安らぎがあった。私と会うときは、家庭や育児の話は一切しないんです。そんな彼の優しさが愛おしかった。

     報道された沖縄旅行(2020年10月)も、本当は豊田さんとの関係を終わらせる決意を固めるための一人旅の計画だったんです。人生のリスタートを切りたかった。でも、私はとことん弱かった。結局、旅行の計画を彼に伝えてしまい、現地で合流しました。本末転倒ですよね。

     それでも、沖縄の夜はいまでも忘れられない。綺麗な満月で、星が輝いていて……。宿の屋上に上がって、ふたりで椅子に並んで、iPadで大好きなB’zのライブ配信を見ていた。言葉にできない、素敵な夜だった。

     いま思えば、私は豊田さんに別れを告げながら、どこかで彼が小川さんとの関係を清算し、自分のところに来てくれる日を願っていたのかもしれません。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/09704431d3452a1e5c8545866b99f280d5875f6a?page=2
    no title
    2ce9cb7fa018a33d46978021d833bbca


    引用元: ・【芸能】小川彩佳アナ夫・不倫相手の告白1/彼との思い出「言葉にできない素敵な夜だった」 [ひかり★]

    【【芸能】小川彩佳アナ夫・不倫相手の告白1/彼との思い出「言葉にできない素敵な夜だった」 [ひかり★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 影のたけし軍団ρ ★ 2021/02/03(水) 16:27:14.96 ID:CAP_USER9
    TBS系の報道番組「news23」でメインキャスターを務める小川彩佳アナ(35)。

    その夫で、医療ベンチャー「メドレー」の代表取締役医師、豊田剛一郎氏(36)が、緊急事態宣言の最中、
    愛人女性と密会を重ねていたことが、「週刊文春」の取材でわかった。

    豊田氏は東京大学医学部を卒業後、都内の病院で脳神経外科医として勤務。
    その後、外資系コンサルティング大手のマッキンゼー勤務などを経て、中学時代の同級生が創業したメドレーの共同代表に就任した。

    「メドレーはスマートフォンなどを使った遠隔医療サービスを手掛け、2000を超える医療機関にオンライン診察システムを提供しています」(経済部記者)

    2019年12月に東証マザーズに上場。発行済み株式の11.6%を保有する豊田氏の含み益は、単純計算で180億円を超える。

    「昨年11月14日には、オンライン診療の推進を掲げる菅義偉首相とも都内のホテルで面会していました。
    首相も豊田氏のことは『応援している』と高く買っています」(首相周辺)

    豊田氏はNHKを筆頭に、メディアにもたびたび露出。「日本の医療を変えていく」と公言し、古い体質が残る医療界の改革者としても脚光を浴びてきた。

    そんな豊田氏が1年余りの交際を経て、小川アナと入籍したのは、2019年7月16日のこと。
    2020年7月29日には、待望の第1子が生まれた。小川アナは同年10月19日、産後3カ月のスピードで、「news23」に復帰。

    ただ、仕事と育児の両立については苦労も多いようで、辛さのあまり、時にシャワーを浴びながら泣くこともあるという。

    ところが、その傍ら、夫の豊田氏は妻とは別の女性と不倫関係に陥っていたのである。
    相手の女性は小川アナと同い年のA子さん。小柄で、涙袋が特徴的な安達祐実似の美女だ。普段はウェブデザインの仕事をしているという。

    A子さんの知人が明かす。

    「3年ほど前に出会った豊田さんとA子さんは、2019年夏、逗子でのクルージングで急接近し、親しい関係になっていったようです」

    新型コロナウイルスの感染拡大を受け、1都3県を対象に緊急事態宣言が発出された1月8日以降も、
    豊田氏は複数回、A子さんの自宅マンションを訪問。2人で外出することもあった。

    メドレーに事実確認を求めたところ、豊田氏個人の見解として、以下のような回答があった。

    「ご指摘の女性と不適切な行動があったことは事実です。

    夫としても会社の代表としても、私の愚かな行動により、多くの人を裏切り、傷つけてしまったことに対し、深く反省し謝罪するとともに、
    個人的にも社会的にも然るべき責任をとっていきたいと考えております。

    会社の代表者としての自覚が不足した行動をとったことについて、社員、株主の皆様、弊社サービスの顧客の皆様や連携頂いてるパートナー企業や関係者の皆様、
    そして現場で懸命な仕事に取り組まれている医療関係者の皆様に申し訳ない思いでいっぱいです。

    もともと医療現場で働いていた人間としても、医療分野で事業を行う企業の代表としても、今回の行為は許されるものではありません。
    繰り返しになりますが、謝罪、反省の上で、しかるべき責任を取ります。そして、傷つけてしまった家族と話し合い、向き合っていきます」

    気鋭のベンチャー経営者が小川アナとの結婚生活の傍ら、続けてきたA子さんとの不倫関係はいかなるものだったのか。
    2月4日(木)発売の「週刊文春」では、親密写真やLINEのやり取り、金銭援助から浮かび上がるA子さんとの不倫の経緯、
    豊田氏は当初「週刊文春」の取材にどう答えたのか、そして小川アナから小誌に届いたメールなどについて報じている。
    https://bunshun.jp/articles/-/43233
    no title

    引用元: ・【週刊文春】 小川彩佳アナ夫 医療ベンチャー経営者が緊急事態宣言下の不倫を謝罪 [影のたけし軍団ρ★]

    【【週刊文春】 小川彩佳アナ夫 医療ベンチャー経営者が緊急事態宣言下の不倫を謝罪 [影のたけし軍団ρ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 爆笑ゴリラ ★ 2021/01/24(日) 11:28:26.04 ID:CAP_USER9 BE:599960297-2BP(0)
    sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
    1/24(日) 11:07配信
    スポニチアネックス

    ゆきぽよ

     ゆきぽよことモデルでタレントの木村有希(24)が24日放送のTBS「サンデージャポン」(日曜前9・54)にVTR出演。昨年自宅で親密な男性が薬物で逮捕されていたと21日発売の「週刊文春」に報じられたことについて言及した。

     ゆきぽよは報道について触れ、「私の家で見つかったから私も…」と自身も尿検査を受けたという。結果は陰性だったが、SNSでは非難の声が殺到。「みなさまがおっしゃっている『友人男性が2018年に詐欺で逮捕されているのに、19年まで交友関係を保っていたんだって…」と反省。

     「完全に信頼をなくしてしまいましたし、あいつも終わってしまったなって思われても仕方ない。だけど、大好きな仕事だから…」と仕事への思いを語った。

     ゆきぽよは23日に所属事務所の公式サイトで謝罪コメントを発表。「今回の報道にて、自分のこれまでの人間関係や過去の言動により多くの方々に、ご迷惑、ご心配をかけてしまったことを深く反省しています。ファンの皆様、関係者の皆様、大変申し訳ございませんでした」とつづった。今後については「過去の未熟な自分を見つめ直し、責任ある社会人となるよう日々頑張っていきたいと思いますので今後とも応援よろしくお願いいたします」と呼びかけた。

     事務所も「弊社所属 木村有希(ゆきぽよ)に関するご報告」とのコメントを発表。ファンに謝罪するとともに「この度の報道を受けまして、本人へ確認をしましたところ本人が報道関係者の方へお答えしている通りの事実であることが確認できました」と明かし、「これまでの自身の人間関係はじめ、テレビ等に出演させていただいた際の軽はずみな言動により多くの方々を不快にさせてしまったことを、深く反省しております」と重ねて謝罪した。

    no title

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e22a0daf12f9d85cfaf0408ce0243d49ce9b4a19

    引用元: ・【ゆきぽよ】「サンジャポ」で友人の薬物逮捕報道語る 「あいつも終わってしまったなって思われても仕方ない」 [爆笑ゴリラ★]

    【【ゆきぽよ】「サンジャポ」で友人の薬物逮捕報道語る 「あいつも終わってしまったなって思われても仕方ない」 [爆笑ゴリラ★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★ 2020/06/22(月) 12:30:53.73 ID:SCVuwpnn9
    お笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建さんの不倫問題が世間を騒がせました。その後相方の児嶋さんや奥様の佐々木希さんがラジオ番組やSNSなどで謝罪をしていらっしゃいましたが、特に奥様は一番の被害者なのに、なぜ公の場で謝罪コメントを出さなければならない状態に追い込まれるのだろう…と違和感を抱いたのは私だけでしょうか。


     そもそも、私は浮気や不倫といった話は奥様始めご家族が許せば、他人がとやかく言う問題ではないと思っています。今回は週刊文春の報道の直前に理由も告げないまま活動自粛が発表されたことで、想像が膨らみ余計に話題が大きくなったような印象が。活動自粛の時にはっきり「女性問題のことで」と本当のことを話しておけば良かったんじゃないかな、とも思います。

     そして暴露された「多目的トイレ」という衝撃的なワード。設置している施設や番組関係者、スポンサーにも多大な迷惑をかけたということはまぎれもない事実です。

    でも、例えばある番組で失言や間違いがあれば、翌週の同じ番組内で謝罪や訂正をするのが通例。もし次週まで待てない事情があるなら例えば所属事務所のホームページや、個人のホームページがあればそこで謝罪をすることもあるでしょう。

    そこが今回は、番組内の話ではないので、渡部さんもどこで謝罪をするかが又難しい。ひょっとしたら第2弾、第3弾があるのか、痛くもない腹を探られても困るのか(痛い腹かも知れませんが)…本人は会見を開くタイミングを計っている間に、結果的に相方や奥様が矢面に立ってしまったという感じでしょうか。

     同じ番組に出演していたのに発言をフォローできなくて結果的に止められなかった…とかなら、相方が謝罪することもあると思いますが、コンビが例えば中川家のように兄弟という関係ならともかく、基本的にお互い自立した大人ですし、対等な関係のはずです。

    親が学校で子どもがしでかしたことを謝るのとは随分違いますし、そもそも不倫のような個人のプライベートまでたとえコンビとは言え関与はできないと思うのです。もちろん児嶋さんの謝罪はとても誠実で、「渡部さんの性格を止められなかった」と悔やみ、涙してしまう気持ちはすごく理解できるし世間も好意的に見ているようです。

    ですが、コンビでもグループでもとにかく一緒くたでとりあえず「謝らないと許してくれない感じ」という「世間」て、どうなのかな…と。「お騒がせしてすみません。」よく聞く文言ですが騒いでほしくもないのに勝手に騒いでいるのは「世間」なんですよね。

     スポンサーや施設、番組関係者などに対して謝罪や反省の言葉はもちろん必要ですが、何も関係ない多くの人たちが反省させようとこぶしを振り上げる。

    さらには不倫相手ではなく無関係の女性にまでSNSで誹謗中傷を投げつける。でもそれをしている人たちは渡部さんに直接傷つけられたり迷惑かけられた訳ではありませんから、本来は謝罪を求める権利はないはずでは。そもそも、その公開謝罪で一体だれに、何を謝るの?今回、児嶋さんは非難されるべきでもなんでもなく、ましてや奥様は一番つらいはずなのに。この構図、やっぱり理解に苦しむのですが。

    6/21(日) 14:38 ディリースポーツ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bb6a829cc76c239a71d9dcb553573417700420d7

    写真no title


    1 Egg ★ 2020/06/21(日) 22:51:31.02
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592779954/

    引用元: ・【ハイヒール】<リンゴ>「私は浮気や不倫といった話は奥様始めご家族が許せば、他人がとやかく言う問題ではないと思っています」★3 [Egg★]

    【【ハイヒール】<リンゴ>「私は浮気や不倫といった話は奥様始めご家族が許せば、他人がとやかく言う問題ではないと思っています」★3 [Egg★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: アブナイおっさん ★ 2020/06/14(日) 21:55:22.82 ID:kMgIzTdZ9
    フジテレビの山崎夕貴アナウンサー(32)が14日放送の同局「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。
    お笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)が複数の女性との不倫問題が原因で無期限活動休止に入った。
    渡部は東京・六本木ヒルズの地下駐車場にある多目的トイレで密会していたことが「週刊文春」に報じられている。
    山崎アナは
    「人数とか場所とか頻度を考えると、もし自分が奥さんだったらすごく傷ついて許せないと思う」と女性目線でコメントしたうえで、

    「こういう話題が出た時に『不倫相手の女性を、女性として扱ってない』みたいなトークをされる方が、けっこう気になっていて」と疑問点を挙げた。

    「やっぱり奥さんとしては、(不倫相手の)女性に(対して)気持ちがない方がまだ許せると思う」

    「(不倫をするにしても)女性に対しての思いやりとか、愛があったら、違ったんじゃないかっていうのは、
    私からしたらそんなの(既婚者だって)分かって近づいてきてるんだから、そこに思いやる必要はないんじゃないかな」と理由を話した。

    山崎アナの話を聞いていた松本は「俺もそうかなと思った」と共感。
    お笑いコンビ かまいたち・山内健司(39)も「そうだ。その通りだと思います」と納得していた。

    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2020/06/14/kiji/20200614s00041000160000c.html

    前スレ https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592132436/

    関連スレ
    ゆきぽよ、渡部騒動に「不倫相手がすごい被害者面をしてる。奥さんからしたら被害者面してんじゃねーよと」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592109325/
    指原莉乃、渡部の不倫相手に「結婚してるってみんな知ってる人に何度も呼び出されて行く方もバカ」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592102540/
    かまいたち・山内健司「女の人に納得いかない。トイレに何回も呼び出されましたと何回も行くなよと」渡部の騒動
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592104497/
    関連スレ
    ダルビッシュ「人の浮気は関係ないのに叩くのはやめましょう。これはプライバシーもクソもない情報ばら撒いているメディアのせい」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592092819/
    武井壮、渡部の便所騒動に「ルールで一方が悪く見える報道でも、そうじゃない部分もあって正しいと限らない」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592055941/
    武井壮、渡部の便所騒動に「相手の女性も被害者ですってんなわけない」「人との性行為を第三者に話す下劣な行為」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1592008757/
    武井壮、渡部建を暴露女に「ペラペラ喋る女性にも辟易、妻帯者と知って不倫してたなら被害者ではなく加害者」
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591959051/
    関連スレ
    「一人の女性として扱って欲しかった」渡部建を暴露しトータルで30回以上の関係を持った女、報酬は1回1万円 風俗か
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1591939298/

    引用元: ・山崎夕貴アナ「不倫相手を女性として扱ってないと言うが、既婚者と分かって近づいてきてるから思いやる必要はないんじゃないかな」★8 [アブナイおっさん★]

    【山崎夕貴アナ「不倫相手を女性として扱ってないと言うが、既婚者と分かって近づいてきてるから思いやる必要はないんじゃないかな」★8 [アブナイおっさん★]】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: X_ファイル ★ 2018/09/07(金) 08:52:02.60 ID:CAP_USER9
     リオデジャネイロ五輪代表の宮川紗江選手(18)への体罰問題をきっかけに明らかになった日本体操協会の塚原千恵子・女子強化本部長(71)と協会副会長の塚原光男氏(70)によるパワハラ問題。

     今回、体操協会は「たとえオリンピックのためだとしても暴力は断じて許さない。暴力の根絶を徹底していきたい」と繰り返してきた。

    「週刊文春」取材班は、元選手や五輪代表選手、協会幹部など、関係者20人以上を徹底取材。千恵子氏による暴力指導、強化本部長としての立場を使った朝日生命体操クラブへの引き抜き工作、そして金メダリストの内村航平選手への練習妨害などについて数々の証言を得た。

     9月3日、「週刊文春」取材班がこうした証言について塚原夫妻に、選手への暴力などについて事実確認を求める質問状を送付したところ回答はなく、同日夕方、塚原氏側の代理人弁護士から東京地裁に「掲載禁止の仮処分命令の申し立て」、事実上の出版の事前差し止め請求がなされた。協会副会長やJOC理事、女子強化本部長などの要職をつとめる人物が、国民の知る権利に反するとの批判が強い出版物の事前差し止め請求を行うことは極めて異例だ。

     日本体操協会は、「(差し止め請求については)把握しておりません。正しいことを伝えるために、公平性・透明性ある情報は必要だと考えています」と回答。

     塚原夫妻が運営する「朝日生命体操クラブ」を協賛する朝日生命は「(差し止め請求の)事実を承知しておりませんので、コメントは差し控えさせていただきます」と答えた。

     9月5日、東京地裁はこの仮処分申請を「差し止めの要件を充足しない」として却下した。

     塚原夫妻が異例の差し止め請求をしてまで掲載を阻止したかった記事とは何なのか。9月6日(木)発売の「週刊文春」では千恵子氏の往復ビンタや腹蹴り証言など、塚原夫妻のパワハラ問題について5ページにわたり特集している。

    「週刊文春」編集部/週刊文春 2018年9月13日号
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180905-00008891-bunshun-spo


    1が立った時間は9月5日 20時05分
    ※前スレ
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1536204644/

    【【話題】塚原光男、千恵子夫妻が「週刊文春」を“差し止め請求”】の続きを読む

    このページのトップヘ